記事一覧

ロレックス ディープシー比較【2022年 新作】

2年ぶりにオフラインでのリアル開催が行われた時計業界の新作見本市Watches and Wonders Geneve。

各社から銘品のお披露目が続々行われましたが、ひときわ注目度の高いブランドと言えば、ロレックスではないでしょうか。

2022年、ロレックスからは左リューズのGMTマスターIIや新型エアキング等、特筆すべき新作がローンチされましたが、やや近年の同社の傾向と異なっていたのが新型シードゥエラー ディープシー 136660の存在です。

と言うのも、一見すると「どこが新しくなったのか」わかりづらい新作であったのです。ディープシーは2018年にモデルチェンジされたばかりということもあり、ムーブメントキャリバーも同一です。

そこでこの記事では、2022年ロレックス新作シードゥエラー ディープシー 136660と、先代126660を内部に至るまで比較してみました!

ロレックススーパーコピー時計ロレックス シードゥエラー ディープシー Dブルー 116660

型番116660
機械自動巻き
材質名ステンレス
タイプメンズ
文字盤色D-blue
外装特徴回転ベゼル
ケースサイズ44.0mm
機能デイト表示
ヘリウムガスエスケープバルブ
付属品内・外箱
ギャランティー

ロレックスの防水技術の歴史を体現するかのような存在がシードゥエラー ディープシーです。

まず1967年、サブマリーナの上位機種としてシードゥエラーが誕生しています。フランスの潜水調査会社コメックス社の協力を経て、当時としては610mという驚異的な防水性を獲得したシードゥエラーですが、世界初のヘリウムエスケープバルブを搭載した飽和潜水対応ダイバーズウォッチでもあります。

なお、シードゥエラーは技術進歩によって、後に1,220m防水の実現へと至りました。

一方で2000年代に入ると、ロレックス以外の時計ブランドもハイスペック・ダイバーズウォッチを手掛けていくようになります。現在でも1,000m超えのダイバーズウォッチは驚異的ですが、ロレックスではまだ足りぬと思ったか。2008年に当時まで製造されていたシードゥエラー Ref.16600を生産終了とし、代わって3,900m防水を誇るシードゥエラー ディープシー 116660をリリースすることとなりました。

発表当初はブラック文字盤のみのラインナップだったものの、2014年に深海を思わせるD-BLUEダイアルを追加(同年にシードゥエラーも回帰)。これは映画監督であり探検家でもあるジェームズ・キャメロン氏の偉業を讃えた特別カラーのモデルとなります。この偉業とはジェームズ・キャメロン氏が2012年3月、一人乗りの潜水艇「ディープチャレンジャー号」でマリアナ海溝チャレンジャー海淵に到達したことを指しています。チャレンジャー海淵への有人潜水は1960年以来、二度目となり、単独潜水としては初めての偉業です。

ジェームズ・キャメロン氏の世界最深部への挑戦という話題性もさることながら、D-BLUEダイアルの美しきグラデーションカラーが功を奏し、ディープシー人気は一気に高まっていくこととなりました。

【関連記事】:hacopyスーパーコピー 安全なサイト

コメント一覧

ninki888 口コミ URL 2022年04月21日(木)18時31分 編集・削除

口コミスーパーコピー代引き本当に届く安全通販店、世界の一流なコピーブランド口コミ優良店おすすめ

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー