記事一覧

ジャガー・ルクルト インフィニット&テルリウム、Watches And Wonders 2022で2種類のアトモスを発表

時計について考えている人のうち、置きスーパーコピー時計を想像する人は希だろう。しかし、置き時計は腕時計よりもずっと前から存在していたし(日時計や水時計などを含めるともっと前から存在していた)、腕時計がなくなってからもずっと存在し続けることは間違いないだろう。腕時計では難しいが、置き時計でできる最も興味深いことのひとつは、周囲の温度変化をエネルギーとして利用することだ。何世紀もの時計製造の歴史のなかで、このアイデアを利用した試みがいくつか存在したが、1928年にジャン=レオン・ルター(Jean-Léon Reutter)が発明したアトモスは、現在ではその分野をほぼ独占していると言ってもいいだろう。

アトモスは、温度の変動により気体が膨張・収縮する現象を利用している(ほとんどのものがそうだが、素材や気体、液体、固体によってその程度は大きく異なる)。アトモスの心臓部は、塩化エチレンガスを封入した蛇腹状のカプセルで、短い鎖に取り付けられている。温度が上がったり下がったりするとカプセルが膨張・収縮し、チェーンが引っ張られゼンマイが巻かれる。アトモスのテンプは水平で、周期は1分と非常にゆっくりとしている(正確にはねじり振り子で、温度変化に強い合金でできたワイヤーに吊り下げられている)。アトモスは一度セットアップすればほぼ半永久的に動作するが、現実的には10年から15年ごとに点検することが推奨されている。

今回、ジャガー・ルクルトはWatches and Wonders展のテーマである“天国の時計”を表現した2種類のアトモスを発表した。ひとつはシンプルなミニマルモデルで、もうひとつは地球、月、太陽の相対的な動きと位置を極めて複雑な機械的モデルで表現したアトモス・インフィニットとアトモス・テルリウムで、後者は特にテルリウムと呼ばれる形態で表現されている。

ジャガー・ルクルト ポラリス オートマティック Q9008480

カテゴリジャガールクルト その他(新品)

型番Q9008480

機械自動巻き

材質名ステンレス

ブレス・ストラップストラップ

タイプメンズ

カラーブルー

文字盤特徴アラビア

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ41.0mm

機能インナー回転ベゼル

1968年に発表されたジャガールクルト初のアラーム機能付きダイバーウォッチ、【メモボックス・ポラリス】

水中で活動するダイバーの為にアラームを鳴らすことで酸素ボンベの残量がなくなることを知らせたダイバーウォッチです。

その伝説的モデルの誕生から50周年を記念して2018年に発表されたのがこのポラリスシリーズです。

こちらの【ポラリス オートマティック】はムーブメントこそ現代的な40時間パワーリザーブの898E/1を搭載しますが、文字盤や針のデザインはオリジナルモデルをモチーフとしており、シンプルかつ洗練された印象です。

インフィニットは円筒形のガラスカバーを備え、視覚的にも機構的にも時計を支配する大きな蛇腹、ねじり振り子、ダイヤル、針、時・分針を動かす歯車機構などがわかりやすく意図的に見えるようにデザインされている。

ダイヤルはブラックラッカー仕上げで、ふたつの同心円に時間用のバトンマーカー、ロジウムメッキの針、外側にミニッツトラックを備えている。この時計は、アトモスのメカニズムとしての魅力に加え、その鑑賞を美的、さらには哲学的な体験に昇華させることを目的としているのだ。TOPKOPIのオフィスには長年アトモスの時計が鎮座しているが、アトモスを見るたびに、2万8800振動/時の現代的な腕時計のムーブメントから得られるものよりずっと穏やかで計測された時間の体験のなかに身を置くことができることを、私は証明できる。シロナガスクジラの潜水時の心臓の鼓動は1分間にわずか2回だという。アトモス・インフィニットを見れば、その巨大な生物が動く僻地の世界や、星や惑星の動きの悠久のテンポを少しは感じることができるのではないだろうか?


【関連記事】:コピー品を買ってしまった

コメント一覧

ヴァンクリーフ 激安 URL 2022年04月09日(土)11時53分 編集・削除

まるでおとぎの国に迷い込んだかの様な可憐なデザインで、世界中の人々を魅了するヴァン クリーフ&アーペルのジュエリー。

シャネル ピアス URL 2022年04月14日(木)12時57分 編集・削除

なん ちゃって シャネル ピアス 偽物通販店、本物同等品質最高級のシャネル ネックレス ココ マークコピーの種類を 豊富に取り揃えて

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー