記事一覧

私はモーザーのアプローチを常々支持してきた。この時計メーカーは物事を深刻にとらえ過ぎないところが称賛に値する点だ。

円筒形/螺旋状/球状ヒゲゼンマイを腕時計に搭載したメーカーは、モンブラン、ミネルバ、ジャガー ルクルト、ヴァシュロン・コンスタンタンなど、私が知る限りではほかに数社しかない。しかし、これらのブランドは、デザイン性や装着性を度外視した、複雑さ(と価格)を後付けしているだけの印象を与えることが多いように思う。それに比べ、モーザーのシリンドリカル トゥールビヨンは、非常に首尾一貫した美的アプローチをとっており、文字通り、時計の可能性を切り拓き、その鼓動を主役にすることに重点を置いている。時・分表示用の小さなフュメ・インダイヤル、ストリームライナーから流用したグロボライト夜光の時分針、そしてパイオニア・コレクションに共通するケースサイド上の4つの凹みとリッジパーツなど、モーザーらしい要素も残されている。

モーザーの新作がこれまでの円筒形のヒゲゼンマイを採用した腕時計と異なるもうひとつの点は、その価格だ。1127万5000円(税込)という価格は決して高いものではないが、同様の調速機構を搭載した数千万クラスの時計の価格をはるかに下回るものだ。モーザーはまた、この新しい時計の製造本数を限定しないという慎重な選択をしている。

H.モーザー コピー パイオニア・センターセコンド ファンキーブルー ブラック エディション 3200-1205

H.モーザー社は、パイオニアを黒々としたDLCコーティングを施した、滑らかで頑丈なケースに収めました。パイオニア コレクションでは初めて、ドーム型のサファイアクリスタルの下にモーザーを象徴するファンキーブルー フュメダイアルを配したモデルです。アワーマーカーと針にはスーパールミノバがコーティングされており、まるで夜空の星のように輝きます。
素晴らしいのはデザインだけではありません。その奥には、シュトラウマン ヘアスプリングを採用した自社製キャリバーHMC 200が組み込まれています。両方向ラチェット式巻き上げシステムと約3日のパワーリザーブを備え、日々の冒険にも世界中で繰り広げられる叙事詩にも対応できます。
品番 3200-1205
仕様
ムーブメント 自動巻き(自社製キャリバー HMC 200)
ケース素材 ステンレススチール(ブラックDLC)
ベルト ラバーストラップ
防水 120m防水
サイズ 42.8mm
その他特徴 パワーリザーブ約3日間
ラチェット式両方向自動巻きシステム
ファンキーブルーフュメダイアル

シリンドリカル トゥールビヨンの話をニックスの試合の話から始めたのは、モーザーがいかに知名度を上げることに成功したかを強調するためである。その日出会ったコレクターは、ロレックスの時計を何本も持っていた(彼はその日シードゥエラーを着けていた)のだが、モーザーを購入する可能性は、高級独立時計製造の世界へ本格的に踏み出す最初のステップとなる。このことは、モーザーが過去10年のあいさに、愛好家やコレクターの一般的なイメージのなかで、いかにうまくブランドのアイデンティティを築き上げてきたかを物語っていると思うのだ。

私はモーザーのアプローチを常々支持してきた。この時計メーカーは物事を深刻にとらえ過ぎないところが称賛に値する点だ。しかし、このシリンドリカル トゥールビヨンは、モーザーが初めて発表した通常生産モデルであり、思わずこのモデルが提供するすべての特徴を喧伝したくなるような時計なのだ。モーザー シリンドリカル トゥールビヨンほど、1平方mmあたりの時計の魅力がこれほど詰まった腕時計は、現在10万ドル以下で入手可能な腕時計のなかにはない、とさえ言えるだろう。

私が観戦した試合のニックスは敗れたが、球場での会話とジュネーブでのシリンドリカル トゥールビヨンの発表を経て、H.モーザーが時計業界において最もすばらしい連勝記録を保持していることは、以前にも増して明らかである。

注釈がない限り、全ての写真はティファニー・ウェイド(Tiffany Wade)の撮影によるもの。


【関連記事】:ankopiスーパーコピー信用できるサイト

ロレックス ディープシー比較【2022年 新作】

2年ぶりにオフラインでのリアル開催が行われた時計業界の新作見本市Watches and Wonders Geneve。

各社から銘品のお披露目が続々行われましたが、ひときわ注目度の高いブランドと言えば、ロレックスではないでしょうか。

2022年、ロレックスからは左リューズのGMTマスターIIや新型エアキング等、特筆すべき新作がローンチされましたが、やや近年の同社の傾向と異なっていたのが新型シードゥエラー ディープシー 136660の存在です。

と言うのも、一見すると「どこが新しくなったのか」わかりづらい新作であったのです。ディープシーは2018年にモデルチェンジされたばかりということもあり、ムーブメントキャリバーも同一です。

そこでこの記事では、2022年ロレックス新作シードゥエラー ディープシー 136660と、先代126660を内部に至るまで比較してみました!

ロレックススーパーコピー時計ロレックス シードゥエラー ディープシー Dブルー 116660

型番116660
機械自動巻き
材質名ステンレス
タイプメンズ
文字盤色D-blue
外装特徴回転ベゼル
ケースサイズ44.0mm
機能デイト表示
ヘリウムガスエスケープバルブ
付属品内・外箱
ギャランティー

ロレックスの防水技術の歴史を体現するかのような存在がシードゥエラー ディープシーです。

まず1967年、サブマリーナの上位機種としてシードゥエラーが誕生しています。フランスの潜水調査会社コメックス社の協力を経て、当時としては610mという驚異的な防水性を獲得したシードゥエラーですが、世界初のヘリウムエスケープバルブを搭載した飽和潜水対応ダイバーズウォッチでもあります。

なお、シードゥエラーは技術進歩によって、後に1,220m防水の実現へと至りました。

一方で2000年代に入ると、ロレックス以外の時計ブランドもハイスペック・ダイバーズウォッチを手掛けていくようになります。現在でも1,000m超えのダイバーズウォッチは驚異的ですが、ロレックスではまだ足りぬと思ったか。2008年に当時まで製造されていたシードゥエラー Ref.16600を生産終了とし、代わって3,900m防水を誇るシードゥエラー ディープシー 116660をリリースすることとなりました。

発表当初はブラック文字盤のみのラインナップだったものの、2014年に深海を思わせるD-BLUEダイアルを追加(同年にシードゥエラーも回帰)。これは映画監督であり探検家でもあるジェームズ・キャメロン氏の偉業を讃えた特別カラーのモデルとなります。この偉業とはジェームズ・キャメロン氏が2012年3月、一人乗りの潜水艇「ディープチャレンジャー号」でマリアナ海溝チャレンジャー海淵に到達したことを指しています。チャレンジャー海淵への有人潜水は1960年以来、二度目となり、単独潜水としては初めての偉業です。

ジェームズ・キャメロン氏の世界最深部への挑戦という話題性もさることながら、D-BLUEダイアルの美しきグラデーションカラーが功を奏し、ディープシー人気は一気に高まっていくこととなりました。

【関連記事】:hacopyスーパーコピー 安全なサイト

ジャガー・ルクルト インフィニット&テルリウム、Watches And Wonders 2022で2種類のアトモスを発表

時計について考えている人のうち、置きスーパーコピー時計を想像する人は希だろう。しかし、置き時計は腕時計よりもずっと前から存在していたし(日時計や水時計などを含めるともっと前から存在していた)、腕時計がなくなってからもずっと存在し続けることは間違いないだろう。腕時計では難しいが、置き時計でできる最も興味深いことのひとつは、周囲の温度変化をエネルギーとして利用することだ。何世紀もの時計製造の歴史のなかで、このアイデアを利用した試みがいくつか存在したが、1928年にジャン=レオン・ルター(Jean-Léon Reutter)が発明したアトモスは、現在ではその分野をほぼ独占していると言ってもいいだろう。

アトモスは、温度の変動により気体が膨張・収縮する現象を利用している(ほとんどのものがそうだが、素材や気体、液体、固体によってその程度は大きく異なる)。アトモスの心臓部は、塩化エチレンガスを封入した蛇腹状のカプセルで、短い鎖に取り付けられている。温度が上がったり下がったりするとカプセルが膨張・収縮し、チェーンが引っ張られゼンマイが巻かれる。アトモスのテンプは水平で、周期は1分と非常にゆっくりとしている(正確にはねじり振り子で、温度変化に強い合金でできたワイヤーに吊り下げられている)。アトモスは一度セットアップすればほぼ半永久的に動作するが、現実的には10年から15年ごとに点検することが推奨されている。

今回、ジャガー・ルクルトはWatches and Wonders展のテーマである“天国の時計”を表現した2種類のアトモスを発表した。ひとつはシンプルなミニマルモデルで、もうひとつは地球、月、太陽の相対的な動きと位置を極めて複雑な機械的モデルで表現したアトモス・インフィニットとアトモス・テルリウムで、後者は特にテルリウムと呼ばれる形態で表現されている。

ジャガー・ルクルト ポラリス オートマティック Q9008480

カテゴリジャガールクルト その他(新品)

型番Q9008480

機械自動巻き

材質名ステンレス

ブレス・ストラップストラップ

タイプメンズ

カラーブルー

文字盤特徴アラビア

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ41.0mm

機能インナー回転ベゼル

1968年に発表されたジャガールクルト初のアラーム機能付きダイバーウォッチ、【メモボックス・ポラリス】

水中で活動するダイバーの為にアラームを鳴らすことで酸素ボンベの残量がなくなることを知らせたダイバーウォッチです。

その伝説的モデルの誕生から50周年を記念して2018年に発表されたのがこのポラリスシリーズです。

こちらの【ポラリス オートマティック】はムーブメントこそ現代的な40時間パワーリザーブの898E/1を搭載しますが、文字盤や針のデザインはオリジナルモデルをモチーフとしており、シンプルかつ洗練された印象です。

インフィニットは円筒形のガラスカバーを備え、視覚的にも機構的にも時計を支配する大きな蛇腹、ねじり振り子、ダイヤル、針、時・分針を動かす歯車機構などがわかりやすく意図的に見えるようにデザインされている。

ダイヤルはブラックラッカー仕上げで、ふたつの同心円に時間用のバトンマーカー、ロジウムメッキの針、外側にミニッツトラックを備えている。この時計は、アトモスのメカニズムとしての魅力に加え、その鑑賞を美的、さらには哲学的な体験に昇華させることを目的としているのだ。TOPKOPIのオフィスには長年アトモスの時計が鎮座しているが、アトモスを見るたびに、2万8800振動/時の現代的な腕時計のムーブメントから得られるものよりずっと穏やかで計測された時間の体験のなかに身を置くことができることを、私は証明できる。シロナガスクジラの潜水時の心臓の鼓動は1分間にわずか2回だという。アトモス・インフィニットを見れば、その巨大な生物が動く僻地の世界や、星や惑星の動きの悠久のテンポを少しは感じることができるのではないだろうか?


【関連記事】:コピー品を買ってしまった