記事一覧

伝統と革新の融合!ヴァシュロン コンスタンタン トラディショナル・コンプリートカレンダー・オープンフェイスについて

"トラディショナルは18世紀から受け継がれる伝統を表現したモデルです。

この伝統と前衛的なオープンワークが融合したトラディショナル・コンプリートカレンダー・オープンフェイスについてご紹介いたします。

2022年 ヴァシュロン・コンスタンタン新作 オーヴァーシーズ・パーペチュアルカレンダー・エクストラフラット・スケルトン 4300V/120R-B547

オーヴァーシーズ・パーペチュアルカレンダー・エクストラフラット・スケルトン
Ref:4300V/120R-B547
ケース径:41.5mm
ケース厚:8.1mm
ケース素材:18K(5N)ピンクゴールド
防水性:5気圧(約50m)
ストラップ:付け替え可能な3本のインターチェンジャブル・ブレスレットとストラップ
(1)18K(5N)ピンクゴールド・ブレスレット(ポリッシュとサテン仕上げの半マルタ十字リンク)、18K(5N)ピンクゴールド製安全ボタン式トリプルフォールディングクラスプ
(2)ブルーのミシシッピ・アリゲーターレザー、ブルーのヌバックにパンチング模様を施したライナー、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール
(3)ブルーのラバー、各付属ストラップに18K(5N)ピンクゴールド製クラスプ
ムーブメント:自動巻き、Cal.1120 QPSQ/1(自社開発・製造)、約40時間パワーリザーブ、毎時19,800振動、36石
仕様:時・分表示、パーペチュアルカレンダー(日付、曜日、月、閏年)、ムーンフェイズ、サファイアクリスタルのシースルーケースバック、磁気から保護する軟鉄製ケース・リング、サファイアクリスタル製文字盤、18K(5N)ピンクゴールド製インデックス、白い蛍光塗料を施した18Kゴールド製インデックスおよび時針と分針、ジュネーブ・シール取得

第3世代となった「オーヴァーシーズ(OVERSEAS)」は、着実にファミリーが増加中。2020年は初のスケルトンモデルとして「オーヴァーシーズ・パーペチュアルカレンダー・エクストラフラット・スケルトン(OVERSEAS PERPETUAL CALENDAR ULTRA-THIN SKELTON)」が登場したが、厚さ4.05mmの超薄型自動巻きムーブメントCal.1120QPを、徹底的にスケルトン仕上げしており、美しさで目を惹く。ブレスレット/ラバーストラップ/レザーストラップの3種を自由に変更できる。

トラディショナルはヴァシュロンコンスタンタンの中で最もクラシックなラインであるパトリモニーの中のワンモデルという位置付けでした。

このクラシックな作りは長くから続く永遠の定番モデルであり、トラディショナルの特徴であるドーフィン針、レイルウェイトラックは1815年の懐中時計からインスピレーションを受けたデザインコードです。

トラディショナルは2007年から誕生し、初めはパトリモニーのワンモデルというところから、パトリモニートラディショナルという名称。

トラディショナルが誕生する以前のモデルはモデルはパトリモニーコンテンポラリーという名称となります。

7年後の2014年からそれぞれのシリーズが独立し、パトリモニートラディショナルはトラディショナル。

パトリモニーコンテンポラリーはパトリモニーと変更されます。

トラディショナルの特筆すべき点として名前の通り伝統を重視した時計作りであることです。18世紀の伝統を受け継ぐディティールが大いに感じられるモデルです。


【関連記事】:http://www.doroicarv.net/diarypro2/diary.cgi

"

私はウブロのコラボレーションのファンであることを公言している。

創業42年のウブロによるアーティストへのアプローチには、18世紀からの伝統を持つ平均的な高級時計メーカーが簡単に成し遂げられないものがあると思うのだ。そこには、確立された伝統や何世代にもわたるデザインコードを誇示するようなことがない(誤解を恐れずに言えば、ウブロは確かに強力なデザインコードを持っており、それがこのブランドで非常に好き嫌いの分かれる大きな理由だ)。しかし、コラボ相手と対等であろうとする姿勢が、今回のサンブルーのようなプロジェクトでウブロによい結果をもたらしているのだ。

ウブロ スーパーコピー新作 ビッグ・バン ウニコ デペッシュ・モード セラミック 411.CX.1114.VR.DPM17

サイズ | カラー | 素材

モデル名 : ビッグ・バン ウニコ デペッシュ・モード セラミック

Ref. : 411.CX.1114.VR.DPM17

ムーブメント : 自動巻き HUB1242

ケース : ブラックセラミック

ケース径 : 45mm

付属品 内箱、外箱

マキシム・プレシア-ビュシ氏は、アーティストでありデザイナーであると同時に、時計愛好家でもある。ローザンヌの名門美術学校(École cantonale d'art de Lausanne)を卒業した彼は、ひと目でそれとわかるスタイルをタトゥーに取り入れた。カニエ・ウェスト(Kanye West)のタトゥーを彫ったことでも有名だ。タトゥーのデザインを時計に落とし込み、ダイヤルや複雑な針、そしてケースに立体感を持たせることで、独特でクールな印象を与えている。確かにウブロらしい時計だが、プレシア-ビュシ氏のタトゥー作品を見たことがある人なら、これが非常に思慮深く関与したパートナーシップであることがすぐにわかるはずだ。

消えることのないタトゥーもそうだが、ストレートセラミックやマジックゴールドのような不変の素材とタトゥーのためのデザインは、どこかでつながっているような気がする。これらの時計は、将来にわたって今と変わらぬ姿であることを意図されているのだ。